JavaScript 3D ゲームの紹介

DungeonSystem のスタート地点

DungeonSystem のスタート地点画像

DungeonSystem はホームページ型のダンジョンゲーム。だが,ダンジョン内を歩き廻ってメッセージを読む/アイテムを集める/アイテムを使う…くらいしかできない。ログインもない

ダンジョン画面

ダンジョン画面の画像

「ダンジョン」は,地下牢という意味だが,現在はひとつのゲームジャンルとして確立しており,ざっくりな説明をすると,立体迷宮を自分視点で進むゲームを指す(参考文献 ウィキペディア「ダンジョン」

プレイヤーが左右回転している最中の画面

プレイヤーが左右回転している最中の画面画像

地図の形態は,自身(プレイヤー)が回転,または周囲(地図)が回転,の二通りがある。画像の地図は,周囲が回転している

ドア正面の画面

ドア正面の画面画像

ドアへ向かって進むと,ドアが開きもしないのにドアの向こうへ行ける。ドアが開く演出がないのは「仕様」である。手抜きではなく 8対2の法則なのだ(参考文献 ウィキペディア「パレートの法則」

基本設定の画面

基本設定の画面画像

をクリックして表示される基本設定ウィンドウで,左右スワイプの回転方向を設定できる。

自分の作品の紹介記事を自分で書くのは虚しい向きもあるが,他の人が生産したゲームを紹介する記事は,他の人が生産しなければ記事にならないのだから,他の人に依存している。
だが,ゲームプログラマー,ゲーマー,ライター,ホームページ閲覧者,PC教室,飲食店,精肉・鮮魚・野菜販売,納品業者,一次産業などなど,社会は色んな人によって構成され成り立っているので,他の人が生産したゲームの紹介記事を否定することはできない

遊び方説明画面

遊び方説明画面

「敵は出てきませんので…」オレ達がいる現実世界は平和だから,戦う欲求をゲームで満たしたいんだよ。敵が出て来なかったら困るじゃないか!!

アクセサリの紹介

アクセサリの紹介画像

コンパス形態,移動回転速度,ポリゴン表示枚数上限,地図形態,各アクセサリの表示on/off ができる。生意気だ

ジャンプ最中の画面

ジャンプ最中の画面画像

ジャンプできるからなんだって言うんだ。戦いたいって言ってるだろッ。戦わせろ!!
※ジャンプをするにはアイテムが必要。画像はポリゴン表示枚数を無理やり増やした気がする

バードビュー最中の画面

バードビュー最中の画面画像

どう見たって Doom Eternal の方が優れている。DungeonSystem に勝ち目はない。比較すること自体がおこがましい(わかりにくいが,ダンジョン上空を飛んでいる最中の画像)
※バードビューをするにはアイテムが必要。やはりこの画像も,ポリゴン表示枚数を強制的に増やしたスナップショットだと思う

DungeonSystem のイメージ画像

DungeonSystem のイメージ画像

DungeonSystem に塔はないので,塔に興味を持ってリンクを開くとガッカリする

DungeonSystem は HTML/CSS によって構築され,JavaScript で駆動する。つまり,ただのホームページだ。
登録の必要無し,ダウンロード不要,会員制度が無いので誰もが無料でプレイできる。ただし不具合がある

更新履歴
調整した
タイトルを変更した
リンクを修正した
画像を修正した
初回書き込み

お問い合わせ

なまいまこと
programmermacotocun@gmail.com

404

ページが見つかりません
ナビゲーションボタンの画像
DungeonSystem のファビコン画像
DungeonSystem