目の前のことばかりに捉われないで人生を俯瞰する

いい人生

 小学校,中学校,高校でよく勉強し,いい大学に入学。優秀な学業を修めて卒業。大企業に入社した。平社員→係長→課長→部長→専務→副社長→社長まで登りつめて勇退。たくさん退職金をもらった。企業勤めをしている間に結婚。子供が生まれて自分の家族と過ごした。子供が成人を迎え,巣立ちをした時は少し寂しく感じたが,「これで肩の荷が下りた」と思い,妻と二人で余生を送った。

 思いがけず妻が先に逝ってしまったが,「総じていい人生だった」と思う。

周り

 そう言えばオレは十八歳の時,ミュージシャンになりたかったんだっけ。なんでやめたんだろ…?そうだ,周りだ。母親,父親,教師,友達が「絶対にうまくいかないからやめろ」と言ったんだ。だからやめたんだ。

 そうだよな。貧乏生活・極貧生活・路上生活はしたくない。これでよかったんだ。

あなたの人生

 ちょっと待てっ!!なぜオレは本当にやりたかったことをやらなかったんだ!?

 これはオレの人生だ。

 周りは関係ない!!

後悔

 今からでも遅くない,ミュージシャン活動をしよう…,と思ったけど,ギターを担いで歩き廻る体力はもうない。路上ライブなんかもってのほか。歩きが困難だし,そもそもベッドから上半身を起こすだけでも一苦労。

 もしかしたら,手遅れなのか…?これが本当の手遅れなのか?!

 周りなんかどうでもよかった

 自分の人生なのに。残念だ,残念だ…。

補足説明

 自分の人生だからといって,人としてやってはいけないこと,倫理に問題があること,社会通念から大きく逸脱すること,違法行為などは,してはいけません。

更新履歴
タグを修正した
文章を調整した
再開に合わせて調整した
第二次大規模改修の際にタグを中心に修正した
大規模改修の際に文章を修正した
「いい人生」の言い回しを変更した
初回書き込み

お問い合わせ

なまいまこと
programmermacotocun@gmail.com

404

ページが見つかりません
ナビゲーションボタンの画像
DungeonSystem のファビコン画像
DungeonSystem