自分は人からどう見られているか,人は自分をどう見ているか

 服装自由な環境において,多くの人は白・黒・グレーなどの(いわゆる)無難な色のシャツを着ているのに,ピンク色シャツを着用している人が一人だけいるとします。

 何色のシャツを着ても自由なのですが,ピンク色のシャツを着た自分を他の人が見たとき,人は自分のことをどう思うか?という想像ができない,想像しないところに問題があります。

 自分,自分で自分の視点しかありません。相手の視点がありませんので,物言いは自分の視点に固定され,固定視点で一方的に間違いを指摘されたあなたは,腹を立てるか,落ち込むのは当然なのです。

 相手の視点がある人の指摘は,あなたの視点も含まれてますので,あなたは少しかも知れませんが理解され,結論に加味されれば,「一方的」と思うことはないはずです。

 一方的な物言いをする人がどうかしているのです。

補足説明

 ピンク色のシャツを着る理由,経緯,思考,価値観とは何か?ピンク色シャツの着用者から見た世界は?の視点も必要ということになります…。

更新履歴
タグを修正した
文章を調整した
再開に合わせて調整した
第二次大規模改修の際にタグを中心に修正した
大規模改修の際に文章を修正した
初回書き込み

お問い合わせ

なまいまこと
programmermacotocun@gmail.com

404

ページが見つかりません
ナビゲーションボタンの画像
DungeonSystem のファビコン画像
DungeonSystem