ハトに餌をやる人は何かを求めています

 ハトに人間の食べ物をやると,ハトは過剰に栄養を摂ることになるので問題が起きます。ハト用の餌を大量にやるのも問題があります。


 「ハトに餌をやってはいけない」と言われて激しく落ち込むか,暴力的になるか,構わずにエサをやり続けるのであれば,餌食している人は何かを求めています。

 今まではハトが犠牲になっていましたが,ハトに餌をやらなくなることで,今度はその人が犠牲になってしまうので,「ハトに餌をやってはいけない」と,強く言うよりは,餌食する人を理解して,信頼関係を構築したほうがいいのです。

 信頼関係の構築には,長い年月が必要かも知れません。

 ハトの餌食行為をムリヤリやめさせて,近隣住民に平穏が訪れるなら,近隣住民の平穏は餌食していた人の犠牲によって成り立つのです。犠牲者を必要とする社会が,強い社会のわけがありません。

 より良い社会にしたいなら,近隣住民は餌食している人の事情や考えをよく訊いて,理解し,信頼関係を構築することなのです(大変なのは確かです)。

補足説明

 餌食する人を中心にした話なので,ハトにエサをやることで近隣住民にかかる迷惑については省いています。

更新履歴
タグを修正した
文章を調整した
再開に合わせて調整した
第二次大規模改修の際にタグを中心に修正した
大規模改修の際に文章を修正した
初回書き込み

お問い合わせ

なまいまこと
programmermacotocun@gmail.com

404

ページが見つかりません
ナビゲーションボタンの画像
DungeonSystem のファビコン画像
DungeonSystem