戦争の止め方

軸となる考え方

  1. 具体的な報道
    • 兵器製造企業の具体的な企業名を報道する
    • 兵器がなければ近代の戦争にならないことを説明する
  2. 供給を止める
    • 国への兵器などの供給を止める
    • 兵器製造工場への材料や電力などの供給を止める

 具体的兵器製造企業名所在地報道すれば,報道各社には問い合わせが急増し,兵器製造企業へは批判が殺到するので,兵器製造工場への電力や燃料,油,火薬,コンピュータなどの供給を止めるしかなくなり,兵器の製造は止まり,兵器の供給は止まり,戦争は止まります。

 現在の戦争報道に具体性はありません。

 もっともらしい理由をくっつけて兵器の供給を求めたり,兵器を供給するのは愚かです。

 兵器を取り上げても殴り合いの戦いが続くなら,ボクシング大会を開催すればいいのです。

供給を止める

 「供給を止める」ことに主眼を置くよりは,具体的な兵器製造企業名を報道して,かつ兵器がなければ近代の戦争にならないことをよく説明することです。

 兵器によって近代戦争が起きていること,兵器や兵器の燃料はどこから来るのか,兵器は誰が製造しているのか,兵器の材料や兵器製造に必要なエネルギーはどこから来るのか,などの考え方を多くの人に知ってもらえば,自然と供給は無くなっていきます。

 民族間の対立があっても,兵器による争いの原因ではありません。

 また,兵器製造企業は戦争がなければ利益を上げられません

人権

 兵器製造企業の役員や従業員を顔出しでインタビューすればいいのです。

 人権を持ち出して「不可能」とテレビが拒否するなら,戦争被害に会われている方々の人権はどうなるのでしょうか?戦争被害に会われている方達を顔出しでインタビューして,画面に映しております。

信じられない…

 戦争被害に会われている方々を画面に映しているテレビは,戦争を止められるのに止めません。マスコミ・日本政府・世界各国は,止められるのに止めないで,戦争をわざと長引かせています。

 この世界は狂っています!!

論点

 「ウクライナとロシアでは現在このようなことが起きています」「この地区は元々ウクライナ領土でした」という画面の解説はどうでもいいのです。ロシアの輸入品目や,ロシアへ輸出している国はどこかを,テレビは画面に映し出さなくてはならないのです。

 軍事専門家や大学教授は狭いテレビの箱に押し込まれたため,論点にずれが生じております。

ゴミ

 戦争が起きれば悲惨な出来事が起きるのは当然なんですから,戦争被害を報道するのではなく「戦争を止められるのに止めないマスコミはおかしい」と,報道することです。

 戦争をしている両国の歴史を知ることは大切ですが,まずは戦争を止めて話し合いです。原因がわかることで戦争が止まるなら,画面で原因を解説しているんですから,すでに止まっています。

 話し合いをしている最中に,我々は,両国の歴史を知ればいいんです。

輸入

 ロシアは一切の輸入をしないで戦争を続けているのですか?自国ですべてが完結するなら,なぜロシアはウクライナを攻めるのでしょう?

 「ウクライナを攻めないと大きな勢力になって,ロシアが攻められるから」が理由なら,ウクライナが大きな勢力になったとき,戦争被害状態がウクライナとロシアで逆転し「ロシアが大変な状態にあります」と報道されます。

 しかし,画面はその可能性を言いません。

戦争は止められる

 日本はロシアから石油を輸入しています。ロシアとの関係を絶つと,日本へ石油が来なくなります。

 隣国でミサイル「自分はここにいる」を飛ばしていますが,隣国はどこから多くを輸入しているか,その輸出国へ日本が輸出しているなら,日本は輸出を止めることです。

 戦争関係国と貿易を止めたら,確かに日本は困ります。でも,戦争を止めたいんですよね?「戦争関係国との貿易を他国を含めて止めれば,戦争は止まります。でも日本は困ります。国会議員だけが考えればいい問題ではありません。国民一人一人が考える必要があります」と報道しないのはおかしいです。

※戦争はロシアとウクライナ間だけで起きているわけではありません。世界を見渡せばわかります

補足説明

 おすすめ検索「死の商人」「ロッキード・マーチン」
 参考文献「アメリカの巨大軍需産業」著者 広瀬隆
更新履歴
タグを修正した
文章を調整した
再開に合わせて調整した
「供給を止める」から「具体的な報道」に話の中心をシフトするために文章を修正した
参考文献を提示した
第二次大規模改修の際にタグを中心に修正した
「ごみ」に読点を追加した
「補足説明」に検索文字列を追加した
「輸入」に加筆修正した
大規模改修の際に文章を修正した
初回書き込み

お問い合わせ

なまいまこと
programmermacotocun@gmail.com

404

ページが見つかりません
ナビゲーションボタンの画像
DungeonSystem のファビコン画像
DungeonSystem