意識から消す

 「イヤな人」を意識から消そうと試みます。

 消そうと試みたのは『イヤな人』を意識したからなので,消そうと試みた時点で『イヤな人』を意識しているのだから,論理が破綻しています。

 しかし,「イヤな人」を意識したから,「『イヤな人』を意識から消してみよう。消そうと試みる」と考えたわけで,「イヤな人」を意識しなければ,「イヤな人」は存在しませんので,存在しない対象を意識から消そうとする試みはありません。

 意識から消すには,対象を意識する必要があります。少なくとも「人の器では」いったん意識する必要があります。

 もし意識してない対象を意識から消せるなら…,神様ではないでしょうか?

 意識から消すために,いったん消す対象を意識してから消そうと試みるのは,順当です。論理の破綻はありません。

更新履歴
タグを修正した
文章を調整した
第二次大規模改修の際にタグを中心に修正した
新規した

お問い合わせ

なまいまこと
programmermacotocun@gmail.com

404

ページが見つかりません
ナビゲーションボタンの画像
DungeonSystem のファビコン画像
DungeonSystem