富とは何か

 資本主義社会は稼いでいいんです。稼ぐが正義です。稼いで文句を言われる筋合いはありません。

世界の富

 世界の富の大部分を少人数が占有し,残りの僅かな富を大人数で分け合っています。

 ところで富とは何でしょう?

 富の一つは株式です。株式の評価額が上がれば,株式を所有している人の富は増えますが,評価額が下がれば富の量も減ります。紙幣も同じです。

 株式や紙幣は評価が上がったり下がったりするので,我々は相対評価の富を集めようとしています。

 株式や紙幣の価値が下がっている最中に上がるのは,ゴールド(=金《きん》)の評価です。

 ゴールドにも評価額がありますから相対評価です。

 一万円札紙幣は信用のみで流通しているただの紙ッペらです。日本経済や日銀という後ろ盾があったとしても,金本位制度が廃止された現在は,ただの紙ッペらです。

 我々がペーパー集めを一生懸命している最中に,エリートと呼ばれる極少人数がゴールド集めをしている,と聞いたらどう思うか,です。

ゴールドまたは石

 ゴールドは歴史的に価値があり,希少な存在で,みんなが認めるから価値があります。しかし,別の希少な存在が現れ「ゴールドよりずっと価値がある」と,世界中の人が思ったら,ゴールドはただの石になります。道端に転がっている石っころと化します。

炭素

 ダイヤモンドはただの炭素です。炭素 100%で出来ています。光り物が好きな人は,炭素を集めて喜んでいます。しかし,磨けば光ります。

  1. ダイヤモンドはただの炭素。しかし磨けば光る
  2. ダイヤモンドは磨けば光る。しかしただの炭素

と聞いてどう思うか,です。

流通

 「一万円札が欲しい」と言うのでたくさん製造(刷る)して発行し,流通させたところ,一万円札紙幣の価値が下がり,一万円札紙幣は紙くずになりました。

 一万円札の代わりの紙幣が製造され,「欲しい」と言うからたくさん刷って発行し,流通させたところ,価値が下がり,一万円札紙幣の代わりは再び紙くずになりました。

 今度はゴールドが欲しいと言うので,密かに埋蔵しておいた大量のゴールドを流通させたところ,ゴールドの評価額が暴落(一気に下がる)しました。

価値

A「その住宅を売ればお金になるよ」…お金が大切
B「住宅は売らずに住み続ける」…住居が大切

数字

 仮想通貨がみんなに受け入れられて,少しずつ流通しています。

 ブロックチェーンを導入しているので,遡って書き換える不正行為はかなり困難です。

 しかし,仮想通貨はただのデジタルキャッシュです。デジタルキャッシュでお買い物はできますが,端末に表示されている数字に過ぎません。

 ブロックチェーンに必要な「マイニング」は,多大な電力を要します。「仮想通貨は価値がある」と,みんなが認識したら,電力は富と同等以上の価値があり,マイニングに必要な高速演算装置も同じように価値があることになります。

富とは…

 富とは認識に過ぎません。

 しかし,認識の富によってお買い物ができるのです。

 2022年11月時点で仮想通貨に大きな問題が発生しています。これを乗り越えたら,仮想通貨の価値が上がり,(過程は不明ですが)世界中の人が仮想通貨を利用するようになり,通貨革命が起き,国から通貨発行が切り離され,「国ってなんだ?」と考える人が増えて「世界が変わる」かも知れません(真に受けないように…)。

補足説明
日本政府…硬貨を発行
日本銀行…紙幣を発行
更新履歴
タグを修正した
文章を調整した
再開に合わせて調整した
第二次大規模改修の際にタグを中心に修正した
新規した

お問い合わせ

なまいまこと
programmermacotocun@gmail.com

404

ページが見つかりません
ナビゲーションボタンの画像
DungeonSystem のファビコン画像
DungeonSystem