くじの束

存在を証明せよ

 束に当たりくじがなくなったら,または当たりくじが引かれる度に,当たりくじを束に補充しなければなりません。束に当たりくじが一つもないのにエスくじを販売していたら詐欺なので,不法行為です。

 また,購入者は引いたくじが当たりであることを販売員に教える義務はありませんので,「公正なくじ引き」の仕組みの維持は,購入者次第になっています。義務はありませんが,購入者は賞金と引き換えるはずなので,その場で販売員は当たりくじが束から減ったことを知ることになります。

 販売員が当たりくじを補充するなら,補充せずに当たりくじをかすめて,後で購入すればいいのです。みんなお金に困っているんですから。当たりくじの補充は販売員の上司がしているなら,上司が当たりくじをかすめるはずです。上司ではなく上層部であっても同じです。

 束に当たりくじの存在がはっきりしなければ管理不十分です。当たりくじの存在がわかるなら,販売側が引っこ抜いています。束に当たりくじがなければ,国民をダマしています。

 エスくじは怪しいので,買わない方がいいです。

会話の実在証明不可

まこと「外れ…。束の中に当たりくじはあるんですか?」
販売員「そうですね~。無いかもしれません」
まこと「当たりくじが無いかもしれないんですか?」
販売員「あるかもしれません。無いかもしれません。わかりません」
まこと「わからないのに販売しているんですか?」
販売員「そうですっ(怒!!)。わからないのに販売しています(ムカムカムカーッ!!)。」
更新履歴
タグを修正した
文章を調整した
再開に合わせて調整した
初回書き込み

お問い合わせ

なまいまこと
programmermacotocun@gmail.com

404

ページが見つかりません
ナビゲーションボタンの画像
DungeonSystem のファビコン画像
DungeonSystem