ゲーム数学|二次元ゲームの自機の移動量

 自機の移動速度を sp,「向き」を θ(シータ。角度)で保持すれば,1回分の移動量は次の式で求められます。

sp × cosθ = dx …x方向の移動量
sp × sinθ = dy …y方向の移動量
※向き…物体が向いている方角

 sp は直角三角形の斜辺の長さにあたり,θ は斜辺と底辺に挟まれた角度です。角度θ が 90度以上になって直角三角形が崩れても dx,dy は正常に求められます

斜辺がsp,底辺がdx,高さがdy の直角三角形の画像
斜辺がsp,底辺がdx,高さがdy の直角三角形の画像

 自機(物体)の座標は x,y で保持し,現在座標に移動量を加算して移動後の座標を求めますので,1回の移動量である dx と dy が算出できれば,移動後の座標が算出できるのです。当然か…。

更新履歴
新規した

お問い合わせ

なまいまこと
programmermacotocun@gmail.com

404

ページが見つかりません
ナビゲーションボタンの画像
DungeonSystem のファビコン画像
DungeonSystem